早めにレーザーを行って発症を予防

早めにレーザーを行って発症を予防

網膜の毛細血管が閉塞して血液が行き渡らない領域(無血管野)が生じると、その後血管新生因子が分泌されてしまうことによりまして、虹彩や隅角に新生血管が形成させられることがあげられます。この血管は血液成分が漏れやすいもろい構造であるばかりでなく、周りに線維性の膜形成も伴うため、隅角での房水流出が妨げられましましましたり(開放隅角)、周辺虹彩前癒着を形成したりして閉塞隅角をきたすことがあります。とても難治性で、治療に苦慮することの多い眼科医泣かせの緑内障です。原因として多いのは増殖糖尿病網膜症と網膜中心静脈閉塞症ですが、まれに網膜静脈分枝閉塞症でも生じることがあげられます。また、眼底出血がないとしても、しばしば内頚動脈が閉塞または狭窄により眼球全体の血液のめぐりが悪くなって生じます。このタイプの診断がついたらまず網膜光凝固(レーザー)によって無血管野の網膜を間引きます。同時に眼圧を下げる薬物治療を行います。早期であるならばレーザーにより改善が期待できますが、効果が少ない場合には手術が選択されてるのです。ただし、この緑内障には手術は効きにくい上、手術の効果が持続せず再び眼圧が上昇することも多くなったのでは(最近は手術方法の進歩によってだいぶましにはなってきましたが)。その為、この緑内障は予防が非常に大切です。そのため、糖尿病など前々から異常がわかっている場合には定期検査によって悪化していないかどうかチェックすること、万一この緑内障を起こしそうな状態であるのですことはわかったら早めにレーザーを行って発症を予防するには必要になってくるでしょう。

page top